No.2 鬱から学んだコト。

⚠️前回のブログ No.1『鬱になった話』はこちらから↓

No.1 鬱になった話

もう2週間も家から一歩も出ていない。
なんならベッドとソファーからも
起き上がる気力がなかった。

1日1日淡々と過ぎて行っては
明日はこの憂鬱な気持ちから抜けられるかな?
と思いながら床に就く。

サーモンピンクのソファーに寝転びながら
10月にしては寒すぎるベルリンの重い雲を見上げて
心が外に表れるとはこういうことか
と思いながら
晴れてるよりもしっくりくる気持ちをなんとなく感じていた。

もう苦しみの中にいるのも疲れてきて、
もがくこと、そこから抜け出そうとする自分。
何か導きをハートから聞き出そうとする自分。
これに頑張ろうとすることすら
しんどくなってきて

意味もなくに目から流れる涙を
勝手に流させていた。

今振り返って表現するなら
自分の気持ち、状況、リアリティー、
鬱、マインドから聞こえてくるジャッチの声も
全て100パーセント今起こっていることとして受け入れた。
という事だと思う。

まさにどん底に触れた音が自分の中でした時だった。

あまりにもスピリットから長い間接続が切れていた
ような状況で時間を過ごしていたので
私は、自分から聞こえてくる音がどん底の音でも
嬉しかった。

何か自分と繋がったような気持ちになった。

それからちょっとすると
最近よく聞いていた曲の歌詞の一部が自分の中から
聞こえてきた。

You should let me love you
君のことを愛させてよ
Let me be the one to
Give you everything you want and need
君の必要なものや求めるものを全て与えさせて

私は普段から恋愛の曲の歌詞を聞くときは
低い意識の自分と高い意識の自分との
会話だと思って聞いていたので
今自分が低い意識にある状態なので
ハイヤーセルフがコミュニケーションを
とってきてくれている!と感じて
流れてくる愛を受け取ることを拒否していた自分にも
気づき、もう少し受け取ることをしようと決意した。

なんとも優しい包み込むような愛で、
いい意味で自分が情けなくなって
わんわん大きな声で泣いた。

全てに申し訳なくなった。
自分のことを責めることしかできなかったマインドの声や
お腹に子供がいるのに自己中に自分の計画ばかり考えていたこと
また、それをジャッチする自分の小ささ。
常に無条件に流れている愛の中に生きているのに
それを自分の殻に入り込んで受け取ろうとも、見ようともしなかったこと。
彼を責めたこと

いろんなことに対して申し訳なくなって
最近流していた淡々と流れる涙とは
全く違った
潰れた自分から絞り出るような涙を
ハイヤーセルフ(?)の愛に甘える子供のように
思いっきり出した。

大人になってから遠慮や我慢なしで泣いたことが
何回あるだろうか
と気付かされるくらい新鮮で気持ちよかった。

そしてこの瞬間まで『自分はこうである』と思っていた
自分のキャラクターが完全に壊れ、
苦しいながら ある意味とてつもない自由を感じた。

もうこれ以上この『自分』を貫き通せなくなって
それが割れたような感覚がした。

『もう創造主完璧主義の自分はやめっ』

人間のマインドで勝手に理想や期待を作り
それに当てはまらないときの自分を愛せないのに疲れたから。
これのどこがいいだろう?これのどこに本当の愛に近いものがあるんだろう?

『もう私の人生は将来こうあるべきというプランや期待はやめっ』

期待やプランは自分のマインドを安心させるために作っていたもので
その通り進むことはないし、
その通り進んでもなんのWONDERや生き生きさもない。
その通りにならなかった時、少しでも自分の気持ちが落ちるのはもったいない。

『もう恋愛に対する希望、夢、期待もやめっ』

これは私の人生において唯一強く残っていた欲望だった。
小さい頃からロマンチックな恋愛に憧れ
今まで自分の理想の恋愛をできるソウルメイトパートナーと出会い
人生を共にしたいという希望をもとに
どの人と付き合っても120%自分と彼と向き合い、
素敵な関係性になるように時には無理をし、時には自己犠牲しながら頑張っていた。

これを機に、その強い欲望をもとにして形成された
『自分はこれだ』というキャラクターに首を絞められていたということにも
気づけた。

これは私にとって大きかった。
なぜなら、恋愛は今までの私の人生の中で、
一番の成長・苦しみのトレーニング場で
最も眠り・マトリックスに入りやすいエリアだったからだ。

素敵なラブストーリーを最も求めていたのに
一番苦しみが発生していた。

他のエリアでは個の自分のための欲望も対してなかったので
全てスムーズに、ハーモニアスにうまくいっていた。

今振り返るとあからさまなことだけど
この鬱がなければ本当の意味でそれを理解することは
できなかったと思う。

求めれば求めるほど
求める対象が遠ざかる。
欲望が強いほど、自我(眠り・苦しみ)が強くなる。
欲望が強いほど、今十分でないことを強く肯定し
それに基づいたバイブレーションでリアリティー(経験)を
創造することになる。
これは今の完璧さに目をつぶることそのものだ。

この鬱を通して、
私は今の自分をどんな状態であっても受け入れること
を学んだし、
その 受け入れる というポータルから
ずっとそこに変わりなく存在する愛を感じ取れるということも学んだ。

今ここに追加して言えることもある
それは
私たち(キャラクター)が『受け入れる』という行為をしなくても
起こることはもうすでに受け入れられているからしか起こることができないということ。

私たちは何もしなくてもいい。

何が起こっていても起こらせておけばいい。

なぜなら、起こることに抵抗すること事態が
その現われの体験を強調する力であり
苦しみを生むことになるからだからだ。

これこそがキャラクター(自己・エゴ)への執着。

今回私が苦しんだのは
『こうあってほしい』という欲望や期待通りに世界が現れなかったからで
自分が勝手に作った期待に外が反応しなかったからだ。
そして『こうあってほしい』という欲望は
私が長年形成してきた『自分はこんな人・魂』という固定概念からできた
ただの仮面(キャラクター)だった。

ではなぜ私がその苦しみから鬱に深く入ったのだろうか?

それは 今起こっていること(望まない状態・自分)から抜け出そう、逃げよう、抵抗しよう
としていたからだった。

今回の鬱で鬱の中にも変わりなくここにある自分に気づけた。
そしてその自分は仮面を被っている自分がなくなっても
ここにある。
波動が高い時や気持ちがポジティブなときだけにアクセスできる自分ではなく、
鬱の時ですらそこに存在する。
そしてどんな形の私のことも受け入れ、愛してくれている。
これこそ、無条件の愛だ ということにも気づくことができた。

私にとって、今回の経験は豊かで素晴らしかった。

サレンダーすることを学んだし、
どの状態の自分でも受け入れる深い自分にも触れられることができた。
これは、今まで自分が認識してきた『自分』の死によってしか
学べなかったことだと思う。

感謝。感謝。感謝。感謝しかない。

そして、自分が妊娠したことがもうこの時点で
宝物にしか見えなかった。

どの決断を下すにせよ、
妊娠が起こった ということは
私にとって人生最高のギフトになった。

そんなことを感じながら
初めて自分のお腹に触れて、
泣きながら
『ありがとう。ごめんね。』

って言ったら、

BABYが初めてコミュニケーションしてくれた。

『僕・私は ”ママ” を選んだんだよ』

・・・・・・

続きは次のブログで

コメント

    • ゆうこ
    • 2021年 2月 24日

    私も恋愛のコンプレックスがあります。
    理想のパートナーシップもあり、執着してるのかな〜と思ったりもします。仕事や、プライベートは執着はないので、スムーズで楽しめてますが、VICOちゃんのブログをドキドキしながら読んでいました。私も恋愛のマトリックスに入りすぎないように執着を手放せるようにしていきたいです。苦しみから繋がった自己の言葉…。想像するだけで光が差し込んでるかのような感じがしました。
    いつもいつもいろんな気づきを有り難うございます♡

    • tomo
    • 2021年 2月 24日

    VICOさん素晴らしいシェアありがとうございます♡ 2つめのブログを待ちわびていましたが、想像を超えるほど、素晴らしい気づきのシェアがあり感動しました!私自身も長年、赤ちゃんが欲しいくて欲しくて、ブログのように、まさに、求めれば求めるほど、遠ざかり、苦しかったです。妊娠しても2度も流産をして、もう本当につらくて。けどありのままで存在する自分を深く受け入れたときに、あっさりと赤ちゃんはお腹にきてくれました!今は産まれて生後8ヶ月です!そして、今の完璧な状態から、もし2人目を授かれたらもっと楽しいだろうなと思っていたら、その直後にまた妊娠をし、今は妊娠3カ月です!強く求めていたときはあんなに手に入らなかったのに。風の時代ということもあるのか、ユニバースはとっても軽やかで自由だと感じています☆ VICOさんと同じタイミングでBabyを育むMamなこともとても嬉しいです!Vicoさんますますお幸せに♡

    • 倉谷かえ
    • 2021年 2月 24日

    びこちゃん。
    おはようございます。

    実はわたしは未婚母です。

    妊娠発覚、あたしはめちゃくそ嬉しかった。
    1人、嬉し泣きして何度もお腹に向かってありがとう、ありがとう。って泣き続けたことをよく覚えてます。

    出産するまでに一度、出血で入院した際に不安で泣きじゃくっていた晩に名前のない空をみあげてとゆーMISIAの歌が歌が夢に出てきたときにbabyからママ大丈夫だよとメッセージが来ました。その時はまだ安定期前で性別もわからなかったけど女の子だと確信しました。

    ほんとに、妊娠、出産、育児はなかなか男性とは共感し合えるのは難しいです。綺麗ごとじゃすまないことだらけです。ほんとに。でも出産中の赤ちゃんとの阿吽の呼吸で一緒に頑張ったこと、産まれた瞬間の産声と愛しい顔、あの感動を味わえるのは女でよかったと心底思ったんですよ。笑 

    正直、あたしは子どもを産んでどんどん自分らしくなっています。1番、学んだことは周りの家族や知り合いの人からの協力や支えとゆー無条件の愛を遠慮なく受け取り甘えること。1人じゃ育児できません。これからはたくさんの人からのサポートを今以上に受けとってください。

    娘も3歳、毎晩、産まれてきてくれてありがとう。ママを選んでくれてありがとう。って抱きしめちゃう親バカです。名前はママとパパの愛が実って宿った子として愛実とつけました。

    びこちゃんとbabyちゃんにたくさんの幸と愛のストーリーが降り積もりますように。

    おめでとうございます。\( ¨̮ )/

    • みちこ
    • 2021年 2月 24日

    全てに…全てに祝福を

    おめでとう(⑅˘͈ ᵕ ˘͈ )

    • しょこたん
    • 2021年 2月 24日

    子供が欲しくても授からない人も沢山いらっしゃいます。
    今の人生のストーリーの中でそれも自分自身で選んだ道
    この先も きっと素晴らしい輝く道が待ってると思います。
    私は、もう子育て終わりましたが息子2人のそれぞれの道と自分の道と3本の道を歩む事かできて本当に幸せです。
    一人では経験出来ない世界を見せてくれています。
    病気やドン底や沢山の壁も来ます、その時はドン底を確かに味わいますが。。。振り返れば成長出来る為の用意されていたイベントって捉える事ができます。
    それはもっと悲しい死と言う結果もあり得ますが、それも意味の有る成長だと覚悟もしました。
    一言で語れる事では無いですが、
    びこちゃんには いつも助けられてるので
    感謝しかないです。
    今しか出来ない事、今だから経験出来る事、幸せですね。

    びこちゃん 大好きです。

    • マユコ
    • 2021年 2月 24日

    びこちゃん、この数日びこにちゃんの妊娠を知ってざわつく気持ちがありました。
    いつだったかのインスタライブで、プライバシーを気にしながら彼と別れた話を話してくれた内容から、今回の妊娠まで、知らなかった事、気づかなかった事にがっかりしてしまう自分がいました。びこちゃんのことを、私は友人でもないけれどどこかでわたしの感覚に近いものを勝手に感じていたからだと思います。
    そのくらいみんなそれぞれの中にある、わたしの部分にふれる話をびこちゃんがしてくれて、今回もまた強烈に深い部分を、伝えてくれた事で、たくさんの人々に影響を与えていくのだと思いました。
    赤ちゃんを産む決意をされた事、素晴らしいと思います。これからもびこちゃんの気づきを伝え続けてもらえたら、嬉しいです。
    その光をあてに、私も自分の光を見つけていきます。

    • 美貴子
    • 2021年 2月 24日

    びこちゃんは目覚や悟りについて沢山の知識を習得してこられた思う。今回の一連はびこちゃんが体験を通して真のティーチャーになる為に魂が望んだことのように思えてなりません。完璧のタイミングで起こり、この記事を読んでいる私自身も完璧なタイミングで大切なことを教えてもらっています。私はかつて子どもをおろしたことがあります。たまーにその時のことを思い出し、その選択でよかったのかと問うことがあります。でもそこにジャッジは入れずその選択をした自分を愛します。びこちゃん、ありがとう。いつも教えをありがとう。私が言うのも変ですが、頑張りすぎないで妊娠、出産、育児を楽しんでください。神秘的な体験です。ちなみに私はもうすぐ還暦女子です。

    • マーアカタ
    • 2021年 2月 24日

    びこちゃん 

    いつもありがとうございます。
    びこちゃん素晴らしいシェア 本当に感謝しています。
    読んでいて 魂が震え 沢山の気付きが起こっています。

    今 小学生6年生の娘は 生まれる前の記憶を持っています。

    お空の上で 大きな赤いテレビのモニターに映る沢山のお母さんの中から 私を選んでくれたそうです。

    びこちゃんの赤ちゃんも 沢山のお母さんの中から びこちゃんを選んだんですね。

    祝福を感じています。

    • 友里
    • 2021年 2月 24日

    ありがとうびこちゃん。お腹のあかちゃんもありがとう。

    • MyCo
    • 2021年 2月 24日

    びこさん^ ^
    とても素敵なシェア、ありがとうございます!!
    びこさんの理想のパートナーとの出逢い、生き方を目にした時ふと、シェアして!と言われたので(上の意識から)シェアさせてください^ ^

    私は子育て14年目になりますが、シングルマザーとして育てるようになってからもう12年が経ちます。
    生活自体は充実していましたし、ここ数年は、結婚願望や恋愛願望も本当になく、子供が育ったその先、ひとりで愉しく過ごすことすら、愉しみでした。
    そんな中、3年ほど前、びこさんに手相鑑定をしていただきました。
    Skypeでお話しした時のびこさんが最後、「35歳〜40歳頃に、魂の御縁のある人と出逢いますよ〜!…これ、結婚するんじゃないかなーー!」と、私に伝えてくださりました。
    当時の私は、本氣で、そんな氣がなかったため、その旨びこさんに伝えたら(笑)びこさんは、
    「そーなんですねー!…いやー…でもこれ、結婚しなくても、ずっと一緒にいることになりそうなんですよね〜…!」と、念押しで強く伝えてくださって。笑
    不思議だなーとしか思わなくて、自分にその氣が今後も芽生えなそうという想いから、その結果だけはなんだか信じられない感じがしていました。笑(それ意外は当たっていすぎて怖いくらいでしたのに、これに関しではなんだか不思議でした。)

    そして、結論としては…
    去年35歳を迎えた私は、その頃、思わぬ角度から、思わぬ人と出逢い、お互い、魂レベルでの御縁や、懐かしさを感じる存在だとわかりました。
    子供との生活もあり、とても大切ですし、結婚というカタチをとるつもりのないわたしと、驚くほど同じ価値観なので、本当に…結婚というカタチにこだわらず、一生を共に過ごす【パートナー】として、いることになりました^ ^

    …ながくなりましたが、びこさん!
    あの時のSkypeでのお話、本当に有難く、また、やっぱりびこさんは、すごい‼︎と、改めて感じております。

    そして、このように、
    月日が経ち、自分の魂や精神が成長した時、必要なタイミングでちゃんと、魂の御縁がある方と出逢えますよ‼︎

    子育ては、素敵なこと.でも決して、簡単なことではありません。
    でも、それ故に学びと成長をいただいた私がこのように、タイミングが来たとき、ツインレイのような方と出逢えたこと、過去の全てに感謝しかないです。

    びこさんも、これからまた更に素敵な人生を紡いでいくはずです‼︎
    理想的な出逢いも含め、子育てや、自分の氣付きや成長の変化、愉しみにしていきましょう^ ^

    びこさん、びこさんは私のメンターであり、感謝しかありません。
    これからのびこさんをずっと、応援していますし、大切ですし、大好きです^ ^

    • 不思議
    • 2021年 2月 24日

    自分の両親を始め身近にいる現実の人に恨みを持ちながら、愛や宇宙を語るのは単に概念でしかないです。足が地に着いていないから現実の人間関係で失敗するのです。
    恋愛は親子関係の雛形です。
    自分の幼稚さ、傲慢さ、勘違いに気づくべきです。

    • melody
    • 2021年 2月 24日

    びこさん
    はじめまして。
    “Mom and Dad, I choose you” by Rossco
    この本を読んでほしいなと思いました。新たな発見があると思いますよ。

    • love
    • 2021年 2月 25日

    まさに、今の自分とリンクしていて
    読んでいて一語一句が響いて泣いた。
    最近のびこちゃん発信は、
    なんだかさらにパワーアップしていて
    それは一般的に出回っているスピリチュアルといった物理的表現の次元を超えて
    完全な核心をついている感じがしていました
    貴重な体験をシェアしてくれてありがとう(TT)

    • ミミ
    • 2021年 2月 25日

    子供はお母さんを助けるために
    生まれてくるといいます

    • たくや
    • 2021年 2月 27日

    こんにちは。
    サトウヒカリさんとのコラボ対談を聴いていてとても穏やかになられたな。と感じていましたが鬱状態を乗り越えられていたのですね。
    ご懐妊おめでとうございます。
    これからの発信も楽しみにしています。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

【PR】

最近の記事

  1. 自己愛

    No.2 鬱から学んだコト。
  2. 自己愛

    No.1 鬱になった話
  3. 自己愛

    Pheonix の会
  4. 自己愛

    【冬至】ノンデュアル瞑想の会

アーカイブ

Top